髪長姫 アジアが紡ぐ笛ものがたり

NEWS 公演情報 映像制作 記事

9月5日(日)に陸前高田市奇跡の一本松ホールで収録された

三陸・アジアの芸能5団体による「髪長姫 アジアが紡ぐ笛ものがたり」は

絶賛配信中です。

https://sanfes.com/fuelab/

〜三陸沿岸の民話を基にした物語〜

大波にさらわれた浜の女が、10年後に龍神様の子を宿して村に戻ってきた。
生まれてきた娘の髪は地につくほどで、髪長姫と呼ばれた。
娘が舞うと山からは金が、海では魚がたくさん漁れるようになった。
ところが、村に権力者が現れ、次第に利益を貪るようになった。
嘆いた娘は海の近くの祠に隠れてしまう。
海は荒れ、空の化け物が村を襲うようになり、飢餓や疫病が村に広がった。
苦慮した村人は祠の前で三日三晩踊り続けた。
それを見た権力者も改心し、村人の踊りに加わった。
やがて娘は祠から出てこう言った。「分け隔てなく、祭りを続けてください。」
そして遂に、村は繁栄を取り戻し、人々は一つになった。

参加団体:

インドネシア オマ・ガムラン

カンボジア シルバーベルダンスグループ

青森県八戸市 十一日町八戸えんぶり組

十一日町えんぶり組

岩手県岩泉町 中野七頭舞保存会

中野七頭舞保存会

岩手県大槌町 大槌虎舞協議会

大槌虎舞協議会

それぞれ特色のある芸能がどうコラボレーションしたのでしょうか?

関連記事