いのちのかたりつぎ 出演者情報 熊谷衡

NEWS Staff blog お知らせ 公演情報 記事

今回「新人市役所職員」を演じるのは、陸前高田市出身の熊谷 衡(コウ)君です。 彼自身、震災当時は小学5年生で家屋は全壊、避難所や仮設住宅での生活を 余儀なくされました。その後、大船渡高校に進学し演劇部に所属。 高校時代は飴屋法水の戯曲「ブルーシート」を演じ東北大会まで出場した経歴の持ち主です。 夏頃より弘前大学を休学して演技の稽古に専念し、「いのちのかたりつぎ」の1シーンの主人公として舞台に立ちます! 

熊谷衡(クマガイコウ) プロフィール
1999 年生 陸前高田市出身
東日本大震災当時、小学5年生。最も被害の大きかった陸前高田市気仙町で被災。 
家屋は全壊し、避難所や仮設住宅での生活を余儀なくされた。
大船渡高等学校に進学し、演劇部に所属。 
第40回岩手県高等学校総合文化祭演劇部門発表会で飴屋法水の戯曲「ブルーシート」を上演し、 
優秀賞第1席・東北大会出場権獲得。
現在は、弘前大学を休学し演劇を学んでいる。

いのちのかたりつぎ 公演情報

5つの物語がつむぐ、震災のこと

2021年1月9日(土)  18:30〜 
鎌倉公演 鎌倉市生涯学習センター きらら鎌倉 ホール

2021年1月17日(日)14:00〜
仙台公演 仙台福祉プラザ ふれあいホール

*開場は開演30分前
*未就学児童の入場可(お子さまが椅子を占有する場合にはチケットが必要です)

チケット:前売/当日ともに3,000円
全席自由(当日入場整理券を受付にて配布 開演1時間15分〜45分前まで)
チケット発売日 11月28日(土) 
プレイガイド  チケットぴあ Pコード504-193
【鎌倉公演】
・たらば書房(〒248-0012 鎌倉市御成町11-40 Mビル1F 鎌倉駅西口)
・島森書店(〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1丁目9-3 鎌倉駅東口)
・かまくら駅前蔵書室(〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-4-24 起業プラザビル 鎌倉駅東口)
・ポルベニールブックストア(〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船3丁目4-6 大船駅東口)    
・くまざわ書店大船店(〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1丁目25-30 西友大船店 6F)
【仙台公演】
・book cafe 火星の庭(〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1丁目14-30 1F)  
・IRORI 石巻(〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目10-2 1F)

 2021年、東日本大震災から10年、阪神淡路大震災の発生からは四半世紀以上が経ちます。時間が経ったからこそ向き合えること。あらためて言葉にして次の世代に向けて語り継いでいくこと。そして、災害のあとに語り継がれるいのちのこと。5つの物語を歌やダンス、詩や映像でつむぐオムニバス公演。
 東日本大震災を経験した岩手、宮城、福島の俳優と、3.11を描いた作品に向き合い続けた表現者たちが結集して伝えていく「かたりつぎ」の時間をお送りします。 

関連記事