いのちのかたりつぎ 出演者情報 片山千穂

NEWS Staff blog お知らせ 公演情報 記事

いのちてんでんこの雪を演じるのは、福島県いわき市出身の片山千穂さんです。
“てんでんこ”カンパニーでは、ちほちゃんと呼ばれています。小柄ながら、クラシックバレエで培った身体技術とその透明な歌声は秀逸で、1人の人間にこんなに才能をあたえてよいのだろうか?と、ジェラシーさえおぼえます。(笑)
雪のキャラは、正義感が強く頭が良い。そして、家族を想い、地域を思っていること。雪がそばにいるとその場が明るくなります。ちほちゃんと雪は本当に似ているとおもいます。

福島県出身。幼少期からクラシックバレエを習う。
16歳時にボリショイバレエ学校に短期留学。
昭和音楽大学ミュージカルコース卒業後、音楽座ミュージカル/Rカンパニーに所属。
在団中はすべての作品に出演し、好評を得る。
退団後、地元福島でダンス講師となるが、東日本大震災の影響を受け再び上京。
舞台・live活動・振付など精力的に活動中。

いのちのかたりつぎ 公演情報

5つの物語がつむぐ、震災のこと

2021年1月9日(土)  18:30〜 
鎌倉公演 鎌倉市生涯学習センター きらら鎌倉 ホール

2021年1月17日(日)14:00〜
仙台公演 仙台福祉プラザ ふれあいホール

*開場は開演30分前
*未就学児童の入場可(お子さまが椅子を占有する場合にはチケットが必要です)

チケット:前売/当日ともに3,000円
全席自由(当日入場整理券を受付にて配布 開演1時間15分〜45分前まで)
チケット発売日 11月28日(土) 
プレイガイド  チケットぴあ Pコード504-193
【鎌倉公演】
・たらば書房(〒248-0012 鎌倉市御成町11-40 Mビル1F 鎌倉駅西口)
・島森書店(〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1丁目9-3 鎌倉駅東口)
・かまくら駅前蔵書室(〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-4-24 起業プラザビル 鎌倉駅東口)
・ポルベニールブックストア(〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船3丁目4-6 大船駅東口)    
・くまざわ書店大船店(〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1丁目25-30 西友大船店 6F)
【仙台公演】
・book cafe 火星の庭(〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1丁目14-30 1F)  
・IRORI 石巻(〒986-0822 宮城県石巻市中央2丁目10-2 1F)

 2021年、東日本大震災から10年、阪神淡路大震災の発生からは四半世紀以上が経ちます。時間が経ったからこそ向き合えること。あらためて言葉にして次の世代に向けて語り継いでいくこと。そして、災害のあとに語り継がれるいのちのこと。5つの物語を歌やダンス、詩や映像でつむぐオムニバス公演。
 東日本大震災を経験した岩手、宮城、福島の俳優と、3.11を描いた作品に向き合い続けた表現者たちが結集して伝えていく「かたりつぎ」の時間をお送りします。

関連記事