• TOP
  • >
  • 芸術鑑賞会 シシ こころ静かに遊べ我が連れ

芸術鑑賞会のご案内 

ミュージカル
「シシ こころ静かに遊べ我が連れ」


 
 →「シシ」公式HP

ご挨拶

 ミュージカル「シシ こころ静かに遊べ我が連れ」を制作するカンパニー“みんなのしるし”は、岩手県大船渡を拠点に、三陸における東日本大震災の被災の記録や三陸の文化を収集し発信することで、被災地、ひいては、日本の未来に貢献できることと信じ活動しております。
 東日本大震災より10年が経過しようとしていますが、東北においても記憶の風化が叫ばれています。この作品を通して震災の記憶と舞台芸術の新たな息吹を体感して頂き、震災がもたらした事、苦境での人と人との繋がりの大切さをご一緒に考えて頂けたら幸いです。
 

芸術鑑賞会

 
劇作家の黒川陽子を起用し、1611年の慶長年間、江戸時代の仙台藩を襲った慶長の大津波と三陸に残る"シシオドリ"をベースに、入念な取材によって書き下ろされました。多くの人命を奪い、地域に壊滅的な被害を与える津波災害の経験や、復興に向かって生き抜く姿勢を、未来を担う子どもたちに「いのちの輝き」として伝えていける舞台作品となっております。作品を通して被災地の記憶と舞台芸術の新たな息吹を体感していただき、震災がもたらしたことや、苦境での人と人との繋がりの大切さを、ご一緒に考えていただけたら幸いです。

 東北発の感動作! ミュージカル「いのちてんでんこ」。ストーリー、音楽、ダンス、共に優れた鑑賞会作品として、ご提案致します。 
 
 

 アンケート・感想 

震災を振り返り始めるこの時期にこの作品を観ることができてよかった。命をつなぐ。。ってよく聞くフレーズだけど、とても大切な言葉になりました。
10代 女性
 
『好きなものの為に行きたい』がとても印象的でした。所詮儚い生命。みんなで楽しい人生のためにこんな世の中ですが、明日からも頑張ろう!一生懸命に生きていこうと思いました。
30代 男性 
 
古くからあるものと新しいものが互いの良いところを消さないままに、融和して馴染んでいるところがすごいなと思いました。登場人物のキャラが一人ひとり立っていましたが、個性で喧嘩することなく、噛み合ってないところが噛み合ってているなと不思議な感覚になった。
10代 女性
 
普段ミュージカルは観ないのでとても新鮮でした。みなさんの何にも負けない姿に元気をもらいました。とても楽しかったです。どうか多くの方にこの作品が届きますように。
10代 女性
 
踊ることの意味を改めて知ったり、考えたりする機会になりました。過去から学ぶこと、過去から伝えられていることにはきっと意味があるのだと思いました。
10代 男性
 

 公演詳細

上演時間 85分、キャスト 9〜12名、スタッフ 4〜8名